メイン画像

卵子の老化を防いで妊娠できる卵へ

もしあなたが

「病院で閉経が近いと言われた」

「40代なので不安」

「AMHが低いと言われた」

「卵がなかなか育たない」

「不妊治療をしても結果が出ない」

「薬やホルモン剤を使っている」

このような方は卵子の老化を気にしている方が多いです。



卵子は誰でも老化します

生まれる前(胎児の時から)から今までの間の影響を受けています。

卵子の数は決まっています。

卵子は生まれたときは約700万個あると言われております。

それが年々減っていきます。

 

卵子の老化は

・今までの食生活

・体が受けてきたストレス

・不妊治療でのストレス

・婦人科系の疾患や薬の影響

 

などが多いです。

 

35歳を過ぎると自然妊娠率が落ちるのは事実です。

40代だから卵子の老化が進んでいるわけではありません。

30代の方でも状態が良くない方がいます。

40代の方でも卵子の状態が良い方はたくさんいます。

 

特に状態が良くない方は

・20代からピルを服用していたり

・婦人科系のお悩みがあったり

・不妊治療歴が長い

・若いとき不摂生をしてきた

などの方は卵子の老化が早いように感じます。

 

 

大切なのは可能性のある卵子を元気にすること

過去は変えることはできませんが未来は変えられます。

 

今ある卵子の元をより正常に育て、よい卵を排卵させることです。

 

よい卵は形が大きいことではなく健康な赤ちゃんになれる卵です。


良くあるのは卵が小さい、形が悪いなどではなく質のいい卵です。

 

なのであなたに今大切なのは、薬で育ちを良くすることでも、不妊治療だけを続けることでもなく、あなた本来の元気な身体を取り戻し良い卵を排卵させることです。

 

 

体が元気になれば卵子は元気になります

・細胞の状態を改善し体液の栄養状態を良くする。

・冷えや生理周期を改善する

・脳のストレスを解消しホルモンバランスを整える

などが大切です。


内臓や頭蓋骨、歪みを整えることであなたの体は妊娠しやすい体になります。


もし本気で卵子の状態や妊娠しやすい体に改善したいのであれば当院にご相談下さい。

全力でサポートします。



ご予約はコチラ

048-711-8863

営業時間 10:00~20:00 定休日 不定休


メニュー