メイン画像

あなたのお腹は固くないですか?

「お腹がよく張る」

「生理痛や生理不順がある」

「肋骨の下に手が入らない」

「便秘や下痢がある」

「骨盤がゆがんでいる」

「体が疲れやすい、疲れが取れない」

「なかなか妊娠できない」

「妊娠しても流産する」

このような方はお腹の固さが影響している可能性があります。

お腹が固いと内臓の働きが悪くなり栄養や酸素がうまく行きわたりません。

特に1番下にある子宮に負担がかかり不妊や生理痛や子宮筋腫の原因にもなります。

お腹が固いと呼吸も浅くなり、自律神経が乱れやすいです。


ホルモンバランスにも関係してきます。

お腹の固さを改善することが女性特有の症状を解消するのに大切です。

お腹の硬さをとるには

内臓を整えお腹の環境を良くしていきます。

特に消化器系が弱ると子宮に良い栄養が行きわたりづらくなり不妊や生理痛などの原因になります。

内臓をソフトに調整し正しい機能をが行えるようにします。


もう悩まないで下さい

お腹が固くなるのには原因があります。

それは内臓の疲労です。

疲労が溜まるとどんどん固くなったり、痛みや不調の原因になります。

お腹が柔らかくなると血液の循環が良くなり生理痛が解消したり、妊娠率が上がります。

整体を受けて健康な体を作りましょう!!