メイン画像

流産は健康上の問題である

「体が疲れている、だるい」

「頭痛や肩こりがある」

「つわりがひどい」

「冷えやむくみが強い」

「毎日が慌ただしい」

「何回か流産をしている」

このような症状が当てはまる方は体の状態を良くすることで流産の確率を減らすことができるでしょう!

流産の原因

流産は原因不明と言われています

流産の原因は医学的にはわからないと言われています。

流れてしまうのには原因があると思います。

その1つに育てる体力がない場合が多いです。

赤ちゃんを育てるには2倍の体力とエネルギーを使います。

しかし体の状態が悪い状態で妊娠したり不妊治療を長い間してる人の体は疲れ切っています。


これからお腹の中で育てるエネルギーが少ないです。

お腹が固かったり栄養状態が悪いと赤ちゃんは居心地が悪いです。

そして人間は自分の体が1番です。

なので育ててる場合ではないと体が判断すると流産しやすくなります。

まずは体を元気にすることが赤ちゃんを育てるためにも大切です。



安定期までが大切な理由

安定期までに体の大切な部分ができます。

内臓器官はほぼ完成します。

なのでこの時に体の状態が悪ければどうでしょう?

赤ちゃんの成長にも悪影響を与える可能性があります。


子どものアトピーやアレルギーなどは母体の時の影響を受けることが言われています。

整体で体の状態を良くして元気になることが大切です。

母体にいいことは赤ちゃんにも良いのです。

体を整えて妊娠する体の準備をしましょう!

健康状態を良くすることで体の状態が改善し赤ちゃんにも良い影響を与えます。

健康状態を改善しないで赤ちゃんを育てるのはリスクがいると思います。

整体を受けると

お腹の中の環境が良くなります。

栄養の吸収がうまくいきます

疲労が取れ体力が回復します


体の状態を良くして新しいスタートを切りましょう!!

全力でサポートします。