メイン画像

人工授精の必要性

なぜ人工授精が必要か理解していますか?

人工授精を勧められる場合

●タイミングでできなかったから人工授精を勧められた

●フーナー検査で異常が見つかった

●病院で言われた通り人工授精をやった

●年齢的に自然妊娠は難しい

●精子の運動率が悪いから

 

このような場合人工授精が進められることが多いです。

 

 

人工授精が必要な場合

1.フーナーテストで精子が子宮にたどり着けてない

2.セックスレスかオリモノが全くでない場合

3.卵管の詰まりがあり精子が通れない

このような場合は子宮に精子がたどりつけないので人工授精をするメリットがあります。

実際に病院で勧められる理由とは

1.ホルモン療法で結果が出ない場合

2.精子の状態が良くない場合

3.年齢的に自然妊娠が難しいと判断される場合

病院ではフーナーテストの結果ではなく次のステップへと進むときに人工授精をすることが多いです。

 

 

人工授精とタイミングは変わらない

もしフーナーテストで問題がなければ精子は子宮にたどり着いているので差はありません。

普通のセックスを人工的にしているだけです。

 

卵子の近くから精子を入れるから確率は上がると思う方もいますがそうでもありません。

むしろ寿命は縮むと言われています。

 

 

大切なのは

精子が膣から子宮に入っていく時の問題をなくすこと

なので人工授精の前に必要なのは

1.ホルモンバランスや、薬の影響でオリモノが少ない

2.妊娠のためのセックスに気持ち良さを感じず粘液がでにくい

3.子宮の歪みや硬さがあり状態が悪い

4.ストレスや栄養状態による精子の状態が悪い

これらを改善することが大切です。

 

 

改善するには?

1.内臓の状態を改善し子宮の環境を良くする

2.自律神経を整えホルモンを改善する

3.セックスする環境を変えてみたりする

4.食事や睡眠の質を改善し精子の状態を良くする

これらを改善することであなたの体は妊娠しやすい体になっていきます。

 

 

もしあなたが

 

・妊娠に向けてできることをやっていきたい

・無駄な遠回りはしたくない

・健康状態を改善し妊娠できる体をつくりたい

とお考えであれば今すぐご予約のお電話を下さい。

きっとあなたの助けになれるはずです。

 

 

ご予約はコチラ

048-711-8863

営業時間 10:00~20:00 定休日 不定休

24時間メール予約はコチラ