メイン画像

不妊と肝臓

何となく疲れがとれないあなたへ

肝臓の疲労が不妊の原因になっているかも知れません!

肝臓が疲労していると

・生理痛やレバー状の塊がでやすい。

・冷えやむくみが出る。

・お腹がポッコリしやすい。

・子宮が歪みやすくなる。

・慢性的な疲労になる。

・筋腫や卵巣嚢腫の原因になる。

・ホルモンバランスの乱れの原因になる。

・栄養の吸収ができなくなり卵の質が悪くなる。

 

このような問題が出てきます。

 

 

 

なぜ、肝臓が疲労すると不妊の原因になるの?

肝臓の疲労でこのような問題が起きてくるからです

1.肝臓の解毒、排泄機能が低下

肝臓で食べた物など入った毒素を分解します。

しかし肝臓の機能が低下し働きが落ちると解毒や排泄ができなくなります。

 

その影響で

・毒素が子宮に溜まりやすくなる。

・体の血液がドロドロになる。

・血液が汚れるので疲れが溜まりやすくなる。

などの症状が出てきます。

また体の毒素は子宮や卵巣に溜まりやすいので卵の質に関係してきます。

また毒素を多く取っていると卵の膜が硬くなりやすく着床しにくくなります。

 

 

 

2.肝臓の下垂による子宮の圧迫

内臓は疲労すると重くなり下垂します。

その影響で肝臓が下に下がり1番下にある卵巣や子宮を圧迫しストレスを与えます。

 

その影響で

・子宮にストレスがかかり機能が低下したり

・ストレスがかかり生理痛や排卵痛がひどくなったり

・子宮が歪み着床しにくくなったり

・流産の原因になったり

などの問題が出てきます。

 

立っている時にお腹がポッコリでやすい人は内臓が下垂している可能性が大きいです。

 

 

3.自律神経が乱れホルモンバランスの崩れの原因

自律神経がホルモンをコントロールしています。

肝臓が疲労すると自律神経が調節できなくなりホルモンバランスが乱れる原因になります。

また免疫力が低下し卵巣や子宮に炎症が起きやすくなるためより乱れやすくなります。

 

 

肝臓を元気にするには?

肝臓の状態を良くすればいいのです。

1.肝臓の歪みやうっ血を改善し正しく働ける環境を作る

実は骨盤などと一緒で肝臓や内臓も歪みます。

正しい位置に戻すことで働きやすくなります。

・姿勢が丸まっている方

・お腹が出やすい方

・肋骨が出ている方

・疲れが取れない方

などは肝臓が歪んでいる可能性があります。

2.添加物など毒素をなるべく取らない

添加物や砂糖、油などを多く取ると肝臓が疲労します。

また排泄がうまくできないと体に溜まり、血液が汚れていきます。

毒素を減らすことで肝臓の負担が減り機能が高まりやすいです。

 

・外食が多い方。

・油ものが好きな方。

・暴飲暴食する方。

・薬を飲んでいる方。

・甘い物やコーヒーが好きな方。

などは気をつけることで体は変わっていきます。

 

 

このような方は整体が必要です!

・慢性的に疲れている方

・内臓が下垂している方

・生理痛や生理不順がある方

・冷えやむくみがひどい方

はかなり弱っている可能性が大きいので整体を受けて内臓の環境を整えることをお勧めします。

 

もしあなたが

・妊娠できる体になりたい

・無駄な遠回りはしたくない

・健康になりたい

とお考えであれば今すぐご予約のお電話を下さい。

全力でサポートします。

 

 

ご予約はコチラ

048-711-8863

営業時間 10:00~20:00 定休日 不定休

24時間メール予約はコチラ