メイン画像

体外受精で着床しない方の成功例

体外受精で何回しても着床しない方の成功症例

体外受精を何回チャレンジしても着床しなくて悩んでいた方の臨床報告です。

 

 

当院への来院目的とそれまでの過程

子供が欲しいと思い始めて4年近く立つ方です。

生理周期も不安定で不安があったので早い段階で不妊クリニックに通ってました。

ホルモン療法から始まり、人工授精、体外受精とステップアップしていき4回行ってもできなく悩んでいた。

また採卵はでき、グレードに誤差があっても分割も進んでいたので戻す所までは行けていた。

しかし毎回着床できず悩んでいた。

 

その間に漢方や良いと言われるサプリメント、鍼灸に通っていたが変化を感じれず悩んでいた所で埼玉のパナ整体院に来院。

 

 

初回の体の状態

本人の症状としては

・左肩と左腰の痛み。

・子宮の重さ張り。

・偏頭痛や頭の重さ。

・生理痛がひどい、塊がでる。

などの症状がありました。

 

実際に体をチェックすると

・子宮が左に歪んでいる。

・お腹や子宮が硬い。

・薬や食事の影響で肝臓の疲労。

・腎臓が弱く膀胱炎になることもある。

・内臓が下垂している。

などがありました。

 

 また冷えが強く、姿勢が丸まり呼吸が浅かったです。

 

まずは体をリセットしまた体外受精に行いという事だったので3カ月後に体外受精を行うことになりました。

 

 

施術内容

まず免疫力が落ちていたので肝臓や脾臓、腎臓などを調整しました。

また頭蓋骨の歪みや骨盤の歪みを調整し子宮の環境を改善した。

腰の痛みがなくなり、頭痛もかなり減ったきた。

また生理時に塊が少なくなり排泄がうまくできるようになってきた。

 

疲れが取れやすくなってきている。

 

アドバイスも

お白湯やグーパー運動、体の状態に合わせた食事やサプリメントのアドバイスも行った。

その結果、冷えも前より良くなってきた。

子宮が冷えていると着床しにくいと言われています。

体外受精前に整体を行って子宮の環境や温度を上げることで着床率が上がります。

 

 

体外受精

埼玉のパナ整体院に来院してから3か月後に凍結してあった卵を戻すことに。

見事初めて着床しました。

しかし今回は流れてしまいましたが本人は喜んでいました。

妊娠できないと思っていたそうです。

着床したことで自信を持てたのだと思います。

本人が「次は行けそうな気がします」と言っていました。

着床した時やそのあと育っていくのにミネラルやマグネシウムが必要なので食事で心がけてもらいました。

 

すぐまた体外受精をしましたが今回も着床し無事安定期に入りました。

 

 

もう悩まないでください。

自分が何をしたらいいかわからない方が多いです。

ネットにはいろいろな情報が書いています。

 

この方はしっかりアドバイス通りやってくれました。

また自信を持って前向きにやってくれたおかげでどんどん体調が良くなりました。

不安があると前向きに頑張れません。

 

もしあなたが

・妊活に不安を感じている。

・無駄な遠回りはしたくない。

・自分の本当の状態を知りたい。

とお考えであれば今すぐご予約のお電話を下さい。

 

きっとあなたの人生の手助けになれるはずです。

 

 

ご予約はコチラ

048-711-8863

営業時間 10:00~20:00 定休日 不定休

24時間メール予約はコチラ